Category Archives: jQuery


jqueryやjsでurlのid名を取得 0

bootstrapにて、navbarをクリックしたら閉じるようにしようと考えました。 その際、urlにidが表示されるので、 それを取得し当該idのliタグにactive classを付与するコード書きました。 id名を取得するには下記のコードを書けばよいだけ。

via How to get current url in JavaScript and jQuery ?. 実際に書いたのはこんな感じ:

Thank you for reading the article! Please do either share the post or click ads on this site, which will be greate help for me. Thanks in advance! 読んでいただきありがとうございました。役に立った!と思った方は記事をシェアするか、 広告をクリックして投げ銭していただけると大変助かります。 収益はサーバー維持費に充てたいと思います。


テキストエリアなどでワンクリックで全選択にするtips 0

click, focus時に$(‘textarea’).select();とかけば、 click, focus時に全選択できます!

via フォーカス時に全選択状態になるテキストエリアを作る – jQuery 日本語リファレンス. Thank you for reading the article! Please do either share the post or click ads on this site, which will be greate help for me. Thanks in advance! 読んでいただきありがとうございました。役に立った!と思った方は記事をシェアするか、 広告をクリックして投げ銭していただけると大変助かります。 収益はサーバー維持費に充てたいと思います。


bit.lyみたいにcmd+cでテキストボックス内全部をコピーする方法 0

しくみ shortcutkeyをおきます。 イベントは、

をセットします。 実際のコード

keydownに対して設定して、 e.keyCodeがCに該当するとき、 e.metaKeyがtrue(コマンドキーを押している状態のこと)のとき 意図したイベントが走るようにする 参照元 次の参考にしました。

via フォーカス時に全選択状態になるテキストエリアを作る – jQuery 日本語リファレンス. Thank you for reading the article! Please do either share the post or click ads on this site, which will be greate help for me. Thanks in advance! 読んでいただきありがとうございました。役に立った!と思った方は記事をシェアするか、 広告をクリックして投げ銭していただけると大変助かります。 収益はサーバー維持費に充てたいと思います。


ボタンのwidthをjqueryで正しく取得する 0

jqueryにて$(‘.btn’).css(‘wdith’)として 幅を取得していたのですが、 取得できるのはwidthで、padding, borderを含んでいませんでした。 ググったら、 ・innerWidth() method ・outerWidth() method を見つけました。

via 寸法に関する jQuery API リファレンス. こちらを使えば、 ・innerWidth() →padding含めた幅 ・outerWidth() →padding, border含めた幅 を返すので、処理を短くかけます。 ぜひ使ってみてください! Thank you for reading the article! Please do either share the post or click ads on this site, which will be greate help for me. Thanks in advance! 読んでいただきありがとうございました。役に立った!と思った方は記事をシェアするか、 広告をクリックして投げ銭していただけると大変助かります。 収益はサーバー維持費に充てたいと思います。


fullCalendarで特定のイベントのカレンダーに移動したいとき 0

fullCalendarのライブラリで、 何かをクリックしたらそれをトリガーに 対象となるイベントを表示させたくなりました。 src: jQueryで座標取得 ~ プログラムのメモ 1.縦スクロールの実装 縦スクロール部分の実装は次のようになります。

実質、この2行で完了です。 calendarのスクロール出来る部分は おそらく#calendar_scrollerってid振ってあると思います。 postion()で相対位置のhashが返ってくるので、 その値を使ってscrollTopでずらします。 余裕をもたせるなら+10とかしておくと良いでしょう。 2.日付の移動

via FullCalendar Documentation – gotoDate これ使って、日付の移動をしました。 フルカレンダーのイベントを、選択するなら、 日程情報を文字列で持ってるはずだから、 それをvar d = new Date(str);などとして、

とすればオッケーです。 そんなこんなで実装できて、 動作確認もしました〜 以上でーす!! Thank you for reading the article! Please do either share the post or click ads on this site, which […]